2021年03月11日

2021年度会員募集!

2021シーズンのアカデミー生を募集します。

私たちのアカデミーでは、サッカーの一要素に過ぎないスキルやテクニックを身につけることを目的にしていません。
サッカーの最強国スペインで広く行われている、複合的トレーニングを中心にして、サッカーの本質をより深く学ぶことを目的にトレーニングします。
世界基準を目指したいと考えている小・中学生のプレーヤーの皆さん、ぜひ加入してください。

私たちのアカデミーには、所属チームに在籍したままで加入できます。
例えば、次のようなプレーヤーに加入をお勧めします。

◆チームのトレーニングだけにとどまらず、もう一歩深くサッカーを知りたい。
◆世界基準を目指してレベルアップしたいが、今のチームにも愛着がある。
◆学校の部活動なので、サッカーを専門的に指導してくれるコーチがいない。

体験参加(有料)も受け付けています。
詳しくは、下のポスターをご覧ください。




また、U-12クラスのトレーニング光景の動画は、下記URLからご覧いただけます。
https://youtu.be/JqyyKUwldFs
  

Posted by Okuno at 18:38Comments(0)

2021年02月10日

バレンシアCFアカデミー和歌山(U-15チーム)

 4月に中学生になる少年プレーヤーの皆さん。新しく所属するチームはもう決めましたか? それともまだ考え中ですか? 小学生の第4種から中学生の第3種に一つ階段を上がるわけですから、すべてのプレーヤーが新たな所属チームを選ぶことになります。そのチームをどうやって選びましたか? または選びますか? 判断基準はどんなことですか? 判断のもとになる情報はどうやって手に入れていますか? 何とはなしのうわさや評判で選んでいませんか?

 「バレンシアCFアカデミー和歌山」(U-15チーム)の会員を募集中です。
まったくの新しいチームですが、その指導メソッドは小学生対象の「バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校」ですでに3年間実施してきています。
 和歌山校は、UEFA PROコーチの資格を持つ中谷吉男氏をゼネラルダイレクターとして、スペイン式の選手育成メソッドを実践してきました。開校当初は数名の会員でスタートしましたが、その指導を評価してくれる方がどんどん増えてきて、今は30数名の仲間がいます。それぞれが自分の所属チームで活動しながら、それ以上にアカデミーでレベル・アップに取り組んでくれています。自分のチームにはない何かをアカデミーに見出してくれているということです。
それは、一言で言えば「世界基準にのっとったトレーニング」です。もう少し具体的に言うと、

①ゴールがあり、相手も味方もいる状況(サッカーの試合そのもの)でのトレーニング
②見る力、判断する力、伝える力を養うトレーニング
③厳しいボディ・コンタクトを伴う、激しいボールの奪い合いの続くトレーニング




 こうした高い集中力が求められるトレーニングを通じた選手育成で、県下初の海外クラブ公認チームを運営していきます。和気あいあいとゆったりとした楽しい雰囲気でサッカーをエンジョイするチームではありません。チームを選ぶ一番の判断基準が、選手としての最大限のレベル・アップにあるのなら、ぜひ私たちのチームに参加してください。
 世界基準を“目指す”、世界に飛び出す“意欲を持つ”ことは、全力でサッカーに取り組もうとしているプレーヤーなら誰にでもできるのです。
 さあ、私たちと一緒に勇気を持って最初の一歩を踏み出しましょう!

お問合せ等連絡先
バレンシアCFお問合せアカデミー和歌山校
スクールマスター  奥野修造 TEL.073-482-8737/090-5242-0646

  

Posted by Okuno at 11:04Comments(0)

2021年02月09日

2021年02月08日

和歌山校のトレーニング紹介

バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校U-8クラスのトレーニングの一端を紹介します。
メニューを図示すると以下のようになります。





私たちは、スペイン・バレンシアで現地チームの試合を実際に見聞して実感した、プレーの強度・高い集中力・激しいコンタクトを和歌山校のトレーニングで再現し、世界基準のサッカーはこういうものだということが、理屈ではなくて肌感覚として少年プレーヤーたちに沁み込んでいくことを第一に考えてトレーニングをおこなっています。留意点を文章化すると、次のようになります。




それでは、次のURLからご覧ください。
なお、トレーニングに参加している大人はアカデミーのトレーニングを研修中のコーチです。


https://youtu.be/WxJYPi8INJQ  

Posted by Okuno at 21:00Comments(0)

2021年01月22日

バレンシアCFアカデミー和歌山(U-15)選手募集!

2021年4月にスタートする「バレンシアCFアカデミー和歌山(U-15)」について、1月20日付けの「わかやま新報」で掲載していただきました。
世界に飛び出していく意欲のある、新中学1・2年生のプレーヤーの皆さん、奮って加入してください。
聞きたい、知りたいことについてのお問い合わせも大歓迎です。
お問い合わせ先=奥野修造 090-5242-0646




  

Posted by Okuno at 16:16Comments(0)

2021年01月01日

1月1日の記事

明けましておめでとうございます。
新型コロナウイルスの問題は、収束に向かう気配すら見せていません。
試合前の整列、握手などのセレモニーや、試合終了後に相手チームの選手と肩を抱き合って健闘をたたえ合う、そんな普通のサッカーができるようになる日が少しでも早く来ることを神様に祈りながら新年を迎えました。
皆さん、感染防止に細心の注意を払いながらも、前を向いてサッカーをより深く学んでいくことを楽しんでいきましょう。

2021シーズン、バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校では、U-15(第3種)チームをスタートさせます。
チーム名は、「バレンシアCFアカデミー和歌山」です。
下の募集案内にあるように、県内初の海外クラブ公認チームです。
100年を超える歴史を持つ、スペインの名門バレンシアCFのエンブレムを胸につけて試合に臨みます。
考えただけでワクワクしてきませんか。
しかし、ユニフォームに袖を通すだけでは、エンブレムは君に何も与えてはくれません。
バレンシアCFのエンブレムを付けることに対する誇りと責任を胸に、それにふさわしいプレーヤーになるための努力を続けることで、君は大きく成長していきます。
世界に飛び出していく大きな夢と強い意志を持ったプレーヤーが加入してくれることを期待しています。





体験参加を受け付けています。
希望者は、下記までご連絡ください。

バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校
スクールマスター  奥野修造 連絡先090-5242-0646
  

Posted by Okuno at 17:31Comments(0)

2020年06月08日

一本の電話

サッカーのない、どちらかというと単調な日々の続いた3か月間でしたが、恐ろしいものでその刺激のない、ウォーキングと読書の生活に体が順応していきつつあることに気づかざるを得ない毎日を過ごしてきました。
6月からどうやらサッカーを始められそうな気配がだんだんと強くなりだした5月も終わり頃になってくると、サッカーができることの嬉しさと、しかしどこかで、またあの曜日に追われる生活が戻ってくるのかという、ある種の面倒くささというか、しんどくなるなという思いも正直感じつつ、6月の再開を迎えました。
アカデミー生の子どもたちも、やっと思いっきりボールを蹴れる喜びと、アカデミーのトレーニングの目的を思い出しつつ、恐る恐るメニューに取り組んでいる雰囲気がそこはかとなく感じられるトレーニング初日でした。私自身も初日のトレーニングを終えて、アカデミーの感触をつかみなおし、手ごたえを実感することができて、ホッとした思いで家路に着いたのを覚えています。

さて、そんな遊園地のボートに初めて乗ってこわごわ漕ぎ出した感じもするスタートの中で、今年度新規スタートのU-8クラスの初日が近づいてきました。まだまだ、所属チームの活動もままならないところもあるようで、4月開講予定が6月にずれ込んだ影響もあるのか、体験参加の申し込みはたったの一人。どうしようか、翌週には6人の体験参加の申し込みが来ています。一人では、個人スキルのトレーニングはできても、サッカーそのもののトレーニングはできません。一人でトレーニングを行うことで、かえって悪い印象を与えてしまわないかなどと思い悩んだ末に、申し込んでくれた子ども(小学2年生)のお母さんに電話をしました。

私「今のところ、明日のU-8クラスの体験参加は一人だけなんですけど…。なんでしたら、体験参加を一週遅らせてもらったら、7人で体験トレーニングができるので、そちらのご都合の良いようにしてもらえたら…。」

保護者の方「うちの子ども、今ぜんぜんサッカーができていなくて、サッカーに飢えてるんです。ぜひ、明日お願いします。」

たいそうな言い方だと思われるかもしれませんが、この一言で目が覚めました。サッカーができることを心の底から待っている子どもがいる。(一人だけの体験な参加では、会場使用料すら赤字なのです。)私は、何のためにアカデミーを和歌山でもやりたいと思ったんだ。まだ会ったこともない、この子どもにアカデミーのすばらしさを感じてもらえないようなら、アカデミーを続ける意味がない、本当にそう思いました。
そして、プレーヤー一人、コーチ二人のトレーニングを必死になって考えました。一人でのトレーニングに、どうやって判断の要素を入れるか、どれくらいサッカーができる子どもなのか、当日初めて会うのでまったく分かりません。積極的な子どもなのか、引っ込み思案の子どもなのか、どんな性格の子どもなのかまったく分かりません。ぶっつけ本番の体験アカデミーでした。ドリブルでウォーミングアップをし、ドリブル・ターンのドリルをやり、ちょっと水分補給の休憩の時に、「どう? しんどい?」って尋ねると、はにかみながらもちょっとニコッとして「おもしろい!」って答えてくれました。

ワイドショーの小ネタ美談のような話ですが、瞬間うれしかったです。心の中の水面に、ポコッと小さな泡が立つような、そんな感じでした。まったく予期しなかった返事でした。不意打ちを食らったように「えっ!」と思いました。一瞬の中に本質(それって、本質の持つ普遍かつ永遠性のことです)が顕現することってあるのですね。サッカーの神様が舞い降りて来てくれたのです。サッカーの本質(と私が確信しているもの)をアカデミーの子どもたちに伝えたい、アカデミーを和歌山で始めたいと思ったのは、そこにあったんだということを、3か月間の怠惰な生活の中で忘れかけていたかもしれない私に、ボールに触れたいんだ、サッカーやりたいんだという子どもたちがどこにでもいるんだ、お前は何をしたいんだ、ということをサッカーの神様が思い出させてくれた一瞬でした。

  

Posted by Okuno at 09:13Comments(0)

2020年05月20日

まもなく、2020シーズンがスタート!

バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校の活動を再開できる日が近づいてきました。
新型コロナウイルス感染防止のため、全国的に出されていた「緊急事態宣言」が、和歌山県では解除されたため、サッカーができる日がやっと見えてきました。
2020シーズンの和歌山校の活動を6月からスタートすべく、現在準備中を急いでいます。
2020シーズンから新たに始める「U-8コース」も同時にスタートします。

この機会に、私たちのアカデミーをお勧めする理由をもう一度記しておきます。

①スペインの強豪、バレンシアCFのエンブレムを付けてプレーできることは、ジュニア・プレーヤーに大きな夢を与えます。子供たちにとって、「夢」は成長のためになくてはならないエネルギー源です。

②アカデミー全体をプロデュースするのは、UEFA PRO(ヨーロッパ・サッカー連盟とスペイン・サッカー連盟最高位のライセンス)の資格を持つ中谷吉男です。(詳しいプロフィールは、バレンシアCFオフィシャルアカデミーのホームページをご覧ください。)
和歌山校の指導に当たるコーチも、実際にバレンシアに足を運んで現地のサッカーを体験しています。

③実際の試合状況をシミュレータした場面設定の中で、ゴールを設定し、ボールを奪い合い、攻守が連続的に交替する“グローバル・トレーニング”を中心にレベル・アップを図ります。

活動内容を掲載しますので、ご覧ください。
体験参加(有料)は、いつでもOKです。
連絡先=奥野修造(090-5242-0646)






  

Posted by Okuno at 11:36Comments(0)

2020年04月13日

アカデミー生、2019シーズンを振り返る

今は、新型コロナウイルス問題への対応で、じっと我慢の時ですが、必ず思いっきりサッカーができる日が来ます。
その時に向けて、アカデミー生の皆さんに2019シーズンのアカデミーを振り返ってもらいました。



アカデミーが再開できたら、またいっしょに世界基準を目指して頑張っていきましょう。  

Posted by Okuno at 11:49Comments(0)

2020年04月12日

当面の活動休止について

新型コロナウイルス問題への対応として、県内の小中学校が休校しているため、バレンシアCFオフィシャルアカデミー和歌山校のすべての活動を休止しています。
この措置は、基本的には県内小中学校の休校と連動して判断していくことになると考えています。
子どもたちのサッカーと直接関われないことは断腸の思いではありますが、現下の状況ではやむを得ないと思います。
世界各地のバレンシアCFファミリーからのメッセージが、バレンシアCFから公開されています。
下記からご覧になっていただけると思います。
和歌山校からも、一日も早く心置きなくサッカーを楽しめる日が来ることを祈りつつ、メッセージに参加しています。
https://www.facebook.com/valenciacfacademy/
  

Posted by Okuno at 09:42Comments(0)